新しい命の誕生を介助する助産師の歴史

助産師の歴史は深くて長いのです。

新しい命の誕生を介助する助産師の歴史

以前は「産婆さん」として知られていた助産師は、今では法律で定められた国家資格を持っている職業で社会的にも一つの地位を確立しています。 助産師に関しては「保健師助産師看護師法」で定められています。 厚生労働大臣に免許を受けて、助産や妊婦や産婦や新生児への保健指導を担当する人たちのことです。

ここでは、新しい命の誕生を専門的技術で介助する助産師の歴史を振り返ってみましょう。

江戸時代では一般的な職業で「町の産婆」として活動していました。 明治時代に入ってから法律によって職業が定められました。 それは1868(明治1)年に太政官布達が発令されてからになります。

1874(明治7)年には東京・大阪・京都の三府に医制が発令され、産婆は免許の必要な職業となりました。 そして産科医との業務区分を明確にされたのです。 1899(明治32)年には、「産婆規制」「産婆試験規制」「産婆名簿登録規制」が交付され日本全国の産婆の資格水準が統一化されることになります。

それから半世紀後、第二次世界大戦後の1948(昭和23)年に「保健師助産婦看護師法」が制定され、この段階で産婆から助産婦と改称されました。 現在の助産師という名称になったのは2002(平成14)年の「保健師助産師看護師法」に変更された時になります。

以上、新しい命の誕生を専門的技術で介助する助産師の歴史を振り返ってみました。 現代では病院・助産所・保健所・診療所などの場で助産師が活躍しています。 より良い助産制度になるために活動の場や技術の進化を続けている職業だと思います。

参考に助産師国家試験を受験できる資格をご紹介しておきましょう。

(1)文部科学大臣が指定する学校で1年以上助産に関連する学科を履修した人
(2)厚生労働大臣が指定した助産師養成所を卒業した人
(3)外国の看護師学校を卒業したり外国で看護師免許を取得した人で、厚生労働大臣が指定養成所卒業・指定学校卒業と同等の技術や知識を持っていると認めた人

――と規定しています。