子育てをしながら助産師として働くことは可能?

子育と仕事の両立は可能なのでしょうか?

子育てをしながら助産師として働くことは可能?

助産師という職業は、女性しかなることができません。 海外では男性の助産師が認められているところもありますが、日本の場合は女性限定となっているのです。

自身が出産をするなどの理由から職場を離れる方もいますが、子育てをしながら働きやすい職業なのでしょうか。

まず、助産師というのはお産の介助をする仕事ですよね。 お産というのは何時から始まるかわからないものなので、夜勤も必須となっています。

ですが、自宅に小さい子ども残したままで夜勤に出かけるのは不安ですよね。 そういったこともあり、子育てをしながら助産師の仕事をするのは難しいと感じている方も多いようです。

しかし、近年は夜に働いている方のために24時間受け入れ可能な保育園を併設している病院が増えてきました。これは、看護師や助産師不足の問題を解決するためのひとつの手段でもあるのですが、そういったところを選択すれば安心して子どもを預けて働くことができるでしょう。

ただ、すべての病院でこういったサポート体制が整っているというわけではありません。 それに、保育所が併設されていたとしてもすでに枠が埋まってしまっていたという可能性もあるので、この点はよく確認しておかなければなりませんね。

助産師が不足していることから復職支援に力を入れている病院もたくさん増えてきました。 女性が働きやすいように様々な支援を行ってくれているものの、働きやすさは病院によって大きく違うと思っておいた方が良いでしょう。

正職員として働くのが難しいと感じているのであれば、パートや派遣という働き方についても検討してみると良いですね。パートや派遣であれば限られた時間の中で働くことも可能であるため、子育てをしながらでも無理なく働いていくことができるでしょう。

助産師は女性の出産に関わる仕事ということもあり、自身も出産を経験している方のほうが伝えられることは多いですよね。出産をしたらそのまま職場を離れてしまうというのはもったいないため、子育てをしながらでも働きやすい職場を探してみましょう。